地域医療支援病院 臼杵市医師会立 コスモス病院

コスモス病院 沿革

沿革

昭和41年11月 臼杵市医師会病院19室50床
昭和49年12月 広域市町村圏隔離病舎を併設9室23床
昭和51年11月 日本医師会より最高優功賞受賞
昭和53年6月 救急病棟を併設34室96床
昭和59年6月 検診センター併設と検査棟の増設
平成6年9月 臼杵市医師会立市民健康管理センター 新築移転(名称変更)
平成7年1月 臼杵市医師会立コスモス病院52室120床 新築移転(名称変更)
平成7年4月 臼杵市医師会訪問看護ステーション開設
平成8年6月 旧医師会病院跡地に医療法人輔仁会介護老人保健施設「南山園」 (50床)開設
平成11年9月 臼杵市医師会コスモス介護支援センター開設
平成12年4月 西病棟増築室198床、第2種感染症病床4室4床 計202床
平成12年7月 地域医療支援病院の承認
平成14年5月 臼杵市医師会コスモスケアステーション開設
平成20年2月 院内電子カルテ・看護支援システム稼働
平成20年4月 臼杵市から委託で地域包括支援センターコスモスを開設
平成22年10月 「南山園」が臼杵市医師会に吸収合併され、86床からなる介護老人保健施設南山園となった
平成24年4月 地域包括支援センターコスモスを新築移転
平成27年10月 訪問看護ステーションコスモス・コスモス介護支援センターを新築移転