うすきコホート研究やってます。
臼杵市医師会認知症先端医療研究所 所長
研究所長挨拶
臼杵市医師会 認知症先端医療学研究所(以下「うすき認研」)ホームページへようこそ。
2024年3月31日大分大学医学部神経内科学講座教授を定年退任し、4月1日より「うすき認研」の初代研究所長を拝命しました松原悦朗です。
大分大学在任中から臼杵市・臼杵市医師会の皆様とともに、自他共にわかりやすく、目に見える形で、認知症の人のみならず、家族を含めた周囲の人がお互いを理解したうえで安心して暮らせる社会作りの体現を目指し、多方面からの産学官連携研究(大分県、東芝・TDK、エーザイ株式会社、島津製作所、ホンダ)に取り組んでおります。
うすき認研設立でその発展的継続・維持は勿論のこと、超高齢化社会における1丁目1番地とも言える地域に根ざした「臼杵(うすき)コホート研究」を更に高めるべく、特別教授として認知症先制医療・疾患修飾薬開発研究を継続する大分大学とこれまで以上に協同して新規研究活動プロジェクトを開始する予定です。
『健常から未病、そして有病状態への連続的病態を反映する臼杵(うすき)コホートデータに基づく認知症の調査・研究・技術開発』を本研究所の使命として掲げることで、超高齢社会の抱える様々な認知症関連問題を解決して得られる成果の社会還元(健康づくり)を行うとともに、すでに全国区レベルの臼杵(うすき)の名前をさらなる高みへと押し上げることで、認知症研究関連産業振興を推進し可能な限り臼杵への雇用創出や笑顔の絶えないまちづくりへ貢献したいと思います。どうぞご支援、ご協力をよろしくお願いします。